トップページへ 

 

公益財団法人 全国高等学校家庭科教育振興会 理事長
武 正  章

 日頃より公益財団法人全国高等学校家庭科教育振興会の事業に御支援・御協力を賜り感謝申し上げます。当振興会は、高等学校家庭科教育の振興に寄与することを目的に設立され、平成23年8月1日より公益財団法人として新たな歩みを進めております。
 今年度も高等学校家庭科教員の資質や指導力の向上や家庭科教育の充実・発展に繋がる事業を実施してまいります。

○技術検定の一元化と充実のための取組
 文部科学省後援による家庭科技術検定は、生徒に学習意欲や技術力だけでなく創造力や段取り力、コミュニケーション力など幅広い能力を身につけさせるものです。平成23年に全国高等学校家庭科教育振興会が内閣府より公益財団法人として認定され、格段の公平・公正性を確保する仕組みや検定内容の質の保証が求められております。家庭科技術検定の振興と円滑な実施に向け、検定代表理事校の在り方や業務内容の整理などを含め、課題を洗い出し、検討するための「課題検討委員会」を本年度より設置いたしました。今後は、「課題検討委員会」を中心として、さまざまな視点からの意見や情報を聞きながら、規約の改正、組織等の整理、質の保証に向けた関係機関等との調整などに取り組んでまいります。平成32年度からの検定代表理事校の一元化を視野に入れ、本年度から各都道府県におきましては、一元化または二元化を選択した試行が行われております。本会といたしましては、従前にもまして公平・公正な評価基準を設定・維持するとともに、それぞれの都道府県代表理事校の状況も確認しながら、生徒の受検に支障のないように、事務手続きを円滑に進めてまいります。
 この取組は、高大接続システム改革における多面的な評価ツールとしての申請・審査・認定に向けた重要なプロセスであります。各学校、都道府県におかれましては、特段の御理解と御協力をお願いいたします。

○家庭科教育の意義の再確認
 高大接続システム改革のうち高等学校教育の改革、とりわけ学習指導要領の改訂においては、知識や技能の伝達だけに偏らず、学ぶことと社会とのつながりをより意識した教育を行い、実社会や実生活の中で活用しながら、自ら課題を発見し、その解決、さらに実践に生かしていけるようにすることが求められております。また、主体的・対話的な深い学びとして「アクティブ・ラーニング」の視点が強調されております。
 家庭科教育は、少子高齢化、グローバル化、家族・家庭、消費生活、環境問題、生活文化の伝承など、現代の問題を鋭くとらえ、生活の質の向上を目指して、課題解決する力を育んでおります。また、学びの手法として、実験・実習、グループによる協議、発表、地域での交流活動、乳幼児や高齢者との触れあい、国際的な交流など、生徒に実体験させる内容を多く取り入れております。「学校家庭クラブ」と「ホームプロジェクト」とにおいては、家庭科で学んだ知識や技術を生かし、自分の生活や地域の抱える正解のない課題に向き合う課題解決型の学習を取り入れております。これらの取組は、主体的に取り組む意欲や他者と協働するためのコミュニケーション能力、豊かな感性や優しさ、思いやりなどを育むことにつながり、家庭科教育の重要性は、大きいものであります。また、「アクティブ・ラーニング」の視点での指導方法や評価方法の先進的な事例ともなりうると考えます。教育改革を契機として、家庭科教育の意義を再確認し、一層の充実を図ってまいりたいと考えております。
 今年度も全国各地で、様々な大会が予定されております。8月に長崎県で「全国高等学校学校家庭クラブ研究発表大会」が、10月には秋田県で「全国産業教育フェア」が開催されます。これらの大会は、全国の高校生が、地域社会の人と人をつなぎ、様々な課題に対応した取組をしている生徒の発表の場でもあります。多くの先生方に足をお運びいただき、家庭科教育の意義と実践について確認していただくとともに、高等学校教育の改革を見据えて新たな取組のヒントを得るための機会としていただきたいと思います。また、家庭科教員や学校が新たなネットワークを築き、学び合える機会としていただければ幸甚です。  10月には愛媛県で全国高等学校長協会家庭部会主催の「秋季研究協議会」が開催されます。この協議会は、新しい知見の紹介や日々実践している教育活動について研究発表や協議がなされ、研鑽の機会として重要な役割を果たしております。校長先生方それぞれには、貴重な実践事例や研究協議や情報交換で得た知見を、各学校や都道府県の教育研究会等に持ち帰っていただき、それぞれの学校・学科の特色づくりや家庭科教育の充実・振興、学校経営などに役立てていただきたいと思います。

○家庭科教員の資質能力向上、家庭科教育の充実・発展
 家庭科教育には、共通教科と専門教科の2本の柱があることが他の教科にない特徴となっております。専門教科「家庭」は、幅広い生活産業の各分野で必要とされる資質・能力を育成するとともに生活文化を伝承し創造する職業人を育成することが目標とされ、指導内容は時代の進展に応じて多岐にわたり、その深化を図っていく必要があります。一方、共通教科「家庭」では、「家庭基礎」2単位設置校が増え、少ない単位数のなかでどう指導を充実させるか、大きな課題となっております。家庭科教員には、専門教科と共通教科のどちらにも対応できる専門性と、社会の変化を柔軟に取り入れ生徒の実情に応じた指導力が求められています。
 7月に福岡県で開催されます「全国高等学校家庭科実践研究会」は、福岡県の有する歴史・風土・文化などを取り込んだ内容となっており、魅力あるアラカルト研修も用意されております。8月に4日間にわたり実施されます「産業・情報技術等指導者養成研修」や10月に千葉県で開催されます「被服・服飾デザイン系校長会総会・研究協議会並びに学科主任研究協議会」、11月に石川県で開催されます「食物科・調理科校長会総会・研究協議会並びに学科主任研究協議会」は、まさに家庭科教員の授業力、技術力などの向上につながる内容となっております。本会といたしましては、この研究協議会を家庭科教員及び学校を結ぶ場と考えております。ぜひ、これを機会にネットワークを築いていただき、お互いに支え合い、資質を高め合える場としていただきたく、多くの校長先生、学科主任等の御参加を期待しております。

○広報活動の充実
 当振興会では、家庭科における教育課題の改善や家庭科教育振興等の観点から調査・研究を進めています。調査結果・研究成果や全国で家庭科を学ぶ生徒の真摯に活躍している姿などを、当振興会のホームページやリーフレットなどでお知らせします。家庭科技術検定・保育技術検定についても、社会的な認知度と評価を高め、就職や進学するにあたり、取得した資格が適切に評価され、進路希望の実現に生かされるよう働きかけていきます。また、家庭に関する学科等の卒業生の大学・短期大学・専門学校への入学者選抜や企業等への採用に関する要望についても引き続き行ってまいります。

 家庭科教育のより一層の振興・発展のために、浅学菲才ではありますが、誠心誠意努めてまいりますので、今後とも本会に対する御理解を重ねてお願い申し上げます。

   トップページへ  
 
 公益財団法人 全国高等学校家庭科教育振興会
 〒102-0071 東京都千代田区富士見1-5-6   TEL:03-3261-0617  FAX:03-3288-1670   Eメール:katei-ed@katei-ed.or.jp